FC2ブログ

Kilim Exhibition 2012

「遊牧な日々」は、ふらふら、うろうろが好きな游風ら里さんと二人で思いついた、キリム展です。下のフライヤーは北九州市在住の中野歩さんが構成、デザインをしてくれました。夏の終わり頃より門司を中心に各地のご縁を頂いたお店に置かせて頂いております。置かせて頂いているお店の方より素敵なフライヤーなのですぐに無くなっていったとお聞きして三重に戻って大慌てでハガキサイズの案内を作りました。キリムのことなどの説明は入れられませんでしたので、こちらに内容をまとめさせて頂きました。
blog-Exh2012KilimDM2.jpg

「キリムは草原の風を感じながら星空や美しいものだけを見て生活していた遊牧民の女性たちによって生み出された手織物。BRICK HALLに初めて訪れた時私たちそれぞれが、この場所にメメットとカヨコさんの選んだキリムをディスプレイして沢山の方に観て頂きたい・・・そんな想いに駆られました。それがこの秋やっと実現します!BRICK HALLの歴史を感じさせる素敵な内装を活かした黒豆のライトとキリムのコラボレーション。そして門司麦酒煉瓦館では皆さんが手にとって楽しんで頂きながら展示販売させて頂きます。沢山の方に観て頂けますように!

blog-Exh2012KilimDM.jpg
アンティークキリムを優しく灯す黒豆のライトと看板犬ブラン・・・キリムの文様にはそれぞれ意味があるそうです。

展示期間:11月6日(火)~11月10日(土)11:30~17:00(最終日は16:00まで)
展示会場:BRICK HALL門司麦酒煉瓦館
※BRICK HALLでは1ドリンク以上のオーダーを宜しくお願いします。

☆11月6日(火)オープニングパーティーを開催いたします。(要予約10月末まで)
会場:BRICK HALL 開場18:30 開演19:00~21:00会費4000円(2時間飲みたい放題)

北九州市在住のAmira Nastyaさんによるベリーダンスとトルコのお料理や三重県で人気の「にこぱん」など是非、トルコのようなレストランをご一緒に楽しんで下さいね。
またお愉しみのくじ引きも・・・是非沢山のご参加お待ちしております。


共催:遊牧舎游風ら里
今回の「芸術新潮 9月号」はイスタンブールの特集でした。メメットのキリムやカヨコさんのYAMAの作品などが紹介されていました。
blog-P1280716.jpgblog-P1280713.jpg
Mehmetはトルコの草原がいちばん綺麗だった150~80年前織られたキリムを蒐めています。気の遠くなるような丁寧な作業を繰り返し、織った人の想いを受け継ぐようにより美しいキリムへと甦らせます。

Kayokoは昔のキリムに布をのせYAMA KILIMを作っています。トルコの素材を使い、アナトリア地方に伝わる昔ながらの染めと手法で現代のキリムをデザイン制作しています。


会期中はメメット、游風ら里、遊牧舎の3人が門司麦酒煉瓦館、BRICK HALLで皆様のお越しをお待ちしております。

プロフィール

yubokusha

Author:yubokusha
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード